電車の中で達してしまった

わたしは結構胸が大きいほうで、よく電車にのっていると痴漢にあってイヤな思いをしていました。

でも、何度もされていると「またか」と思い気持ち悪いと思いながらも黙ってさわられていました。そんなある日のことです。

たまたまわたしの体調がすぐれなかったこともあり、その日は痴漢をされても特に抵抗することもなくされるがままになっていました。

我慢さえしていればすぐに終わるからと思って目をつぶって我慢をしていたのですが、その痴漢はとてもテクニックがあってすごかったです。

さわりかたがどこかいやらしく、ただお尻をさわられてイるだけなのに、わたしはカラダの奥の方がぼーっと熱を感じるのがわかりました。

痴漢は私のその態度に気づいたのかパンツの中にまで手を伸ばしてきました。

わたしは「やばい!」と思いましたが手が出せずされるがままになっていると私のアソコかあらまわりの人に聞こえそうな水音が……。

そうです、わたしは痴漢に愛撫をされて感じていたのです。

アソコを痴漢にさわられるたびにわたしは熱い吐息をなんとか押さえていましたが、執拗な痴漢の攻めに信じられないことですがわたしはなんと電車の中で達してしまったのです。

わたしのカラダが小刻みにふるえるのを確認した痴漢は満足そうにわたしのお尻をなで回すとそのままどこかに行ってしまいました……。